格安航空会社(LCC)のフライト時刻は遅れる


北海道への交通手段は主にLCC使っているのですが、

そのLCCに3回乗って、3回とも遅延した話。

一回目 バニラエア

バニラエア機体
成田空港から新千歳空港に向かう便。
機材(航空機)の到着が遅れているという理由により約45分ほど遅れて出発。

二回目 バニラエア

大雪の新千歳空港

(バニラエア機内で撮影。Air Doは関係ありません)
新千歳空港から成田空港行き。
新千歳の天候が急激に悪化、大雪になり上空に飛んでいた飛行機が着陸できず。(代替機がないため着陸できなかったら本日のフライトは欠航だそう)
結局3~4時間後位だったかな、なんとか雪も止み大幅に遅れて出発しました。
成田で乗り継ぎ予定の隣席に座った乗客が、海外便の出発時刻が迫っているらしく相当焦っていた様子。
LCCは乗り継ぎに使うとリスクある」ことを学びました。
でもこれは天気の影響であってバニラエアに責任はありません。

要するに冬の新千歳空港は怖い、ということです。

三回目 ピーチアビエーション

ピーチの機体
最後はピーチ。こちらもフライト予定の飛行機まだ到着していないとの理由で「約30分ほど遅れるアナウ
ンスが…」。
結局、離陸したのは15時50分頃。(本来は出発時刻14:55分)
という事情で今のところ遅延確率100%です。

これはやはり少ない機体で運航しているLCCならではの問題なのでしょうか。
1便遅れると玉突きでフライトスケジュールが乱れるみたいな。
だとしたら定時に出発する方法は一つ、始発便に乗るしかないですね。
LCC以外の航空会社はどうなのか、今度エアドゥやANAに乗って比較してみたいと思います。

アドバイス

  • 「重要な会議」「時間厳守の約束」があるならANA又はAIR DO使いましょう。
  • 「旅行者など時間に余裕のある方」はLCCを使いましょう。

狭いと予想してたピーチの座席シートが広かった件