飛行機で人気&おすすめの座席を分析


北海道行きの飛行機は左側(窓際席)に人気が集まりやすい・・・

に続きまして、ピーチの有料シート&予約状況から「人気が集まりやすいおすすめ席」を分析してみました。

※モデルにしたのは中型機です。

座席指定

(出典:ピーチアビエーション http://www.flypeach.com)

1.最前列の席

まず最前列の1列目の席。確保するのに最も高い価格のシートでした。

このシートのメリットは

  • 前に席がないため、足元に広いスペースがある
  • トイレまでの距離が近い(席を自由に立てる、隣席に迷惑かけない)
  • 非常口が近い
  • 機内の搭乗、降りる時に便利&早い

といったところ。全部いいとこ取りですね。

もしかしたら1列目の左右窓側シートが飛行機で一番人気の場所かもしれません。

2.飛行機前方~中頃の窓側席

2列目~15列目位までの窓際席。ここも早く予約が埋まる傾向が見られました。

やはり同じ料金支払うなら外の景色を眺めたい・・・というニーズは強いです。(特に観光客)

3.非常口付近

飛行機の非常口付近

非常口(12列、13列)とその前後2列(10列~11列、14列~15列)。

非常口は人々が殺到しても逃げやすくするため、広めの座席スペース確保されています。

両翼が邪魔して窓から景色見にくい、というデメリットはあるものの、

緊急時に脱出しやすい、という目的で前後の席を取る人も多いはず。

景色より命を優先。

※ちなみに私は11列の窓側を確保しました。

人気席ベスト3

以上、私が分析した飛行機人気シートベスト3です。

もし料金がすべて一緒だとしたら、

  1. 最前列席
  2. 前方の窓側席
  3. 非常口付近
  4. 後方の窓側席
  5. 前方の通路席
  6. 後方の通路席

こんな順番で予約が埋まっていくと予想しました。