東京駅「駅弁屋 祭」の北海道駅弁&ライバルとの売り場争いに負けてる件


以前、東京駅の「駅弁屋 祭」に立ち寄った時のお話し。

駅弁屋祭

※詳細 東京駅「駅弁屋 祭」の価格、種類。

このお店、全国各地から集められた名物駅弁を販売している専門店で、もちろん北海道を代表するお弁当も取り扱っています。

例えばどんな種類があるかというと、

北海道いくら石狩鮨

いくら石狩鮨1050円。

北の海鮮鮨

北の海鮮鮨1190円。

海鮮七福弁当

海鮮七福弁当1030円。

北の海幸づくし

北海道 北の海幸づくし1180円。

北海道うに帆立めし

北海道うに帆立めし1150円。

北海道老舗イクラかに弁当

北海道老舗イクラかに弁当1200円。在庫残り5個。

海鮮タラバガニ弁当

海鮮たらば蟹弁当1180円。

などなど・・・。

やはり海鮮系をアピールする駅弁が目立ちますね。

売り場確保に問題あり

ところで駅弁屋祭の北海道弁当、そのほとんどが店内一番奥の隅っこに陳列されていました。(海鮮たらば蟹を除く)

売り場の一番奥に追いやられるとは最悪、これだとお客さんが流れて来ず売り上げに影響するでしょ。

なんかもう客流れのいい場所には、

越前かにちらし

「福井の越前かにめし」や、

牛タン味くらべ

「宮城牛タン味くらべ」や

サーモンいくら弁当

「東京駅発サーモンいくら」が陣取っていまして、

完全にライバル駅弁達に場所取りで負けてしまっています。

もし自分が「北海道観光関係者」か「営業担当者」だったら、

店舗入り口付近の駅弁

↑店舗入り口の一等地に並んでいるライバル弁当を蹴散らして(おっと失礼)

その場所に北海道弁当をすべて移動させておいたのですけどね。

場所取り合戦は大切。北海道駅弁よ頑張れ!