札幌の湿度(室内乾燥)の低さ|6月


札幌の湿度の低さについて。

北海道は梅雨もないし、湿度低くて乾燥している・・・という噂(情報)、以前から聞いていました。

で、実際に生活してみたらその噂、本当でした。

屋内、屋外ともに湿度による不快感まったく感じておりません。

※正確に言うと札幌の相対湿度?は高いらしい。今回の話は体感&リアルな生活での湿度。

通気口

自分の住んでいるマンション、上の画像のような小さな通気口だけ開放しています。

ガラス窓もありますけど、ほぼ閉ざされた開かずの扉状態。

室内空気の入れ替え方法は「小さな通気口」と「お風呂の換気扇」に100%頼っています。

1日で乾燥

浴室もほぼ乾燥する

夜、お風呂から出た後、換気扇を1日約2~3時間だけ回しています。

それだけで「ビチョビチョだった浴槽」が翌朝には僅かな水滴残すだけで「ほぼ乾燥」。

洗濯物は24時間

洗濯物が1日で乾く

洗濯物も夜間にハンガーかけて室内に干しておけば、約24時間後には乾いてしまいます。

ただしインナー、Tシャツなど薄手の洋服に限る。厚手の冬服類は2~3日掛かると思います。

こんな密室に近いマンションでもカビを繁殖させず、乾燥してしまう湿度の低さに驚きました。しかもこの(北海道を除く)梅雨の季節に。

今のところカビ対策の必要性感じず。「除湿機」、「除湿剤」の出番はありませんね。