なぜバニラエアの新千歳空港→成田空港便は高いのか。


どのタイミングで札幌へ行こうか航空各社の予約サイトを巡回する日々を送っています。

今のところ第一候補バニラエア。これから年に何回も往復する予定なのでやはりLCCでコスト抑えたい。次に第二候補はAir Do。羽田空港発なので利便性高い。第三候補はANA(全日空)、大手なので安心感あります。

バニラエアは当日~前日の直前予約でも安い(日によるけど)、一方エアドゥは3日前にチケット予約しないと早割りが適用されない。

で、今回の旅の目的は札幌の家探し(賃貸)なわけで「(契約完了するまで)いつ帰れるのか」はっきりしないわけです。

つまり往復ともバニラエア優先と考えているのですが、ここで1つ問題が・・・

成田空港→新千歳空港便に比べ、新千歳空港→成田空港便は運賃が跳ね上がる。

例えばこんな感じに、

成田空港→新千歳空港行き

成田空港→新千歳空港

(出典:バニラエア公式サイト)

平日なのでコミコミプランでも7000円~9000円前後です。これぞLCCらしい運賃。

新千歳空港→成田空港行き

新千歳空港→成田空港便

(出典:バニラエア公式サイト)

同じ日(平日)の新千歳から成田への便です。コミコミプラン最安値で15590円。高いと24690円。

まあ需要があるから高額になるのわかるけど、なぜこんなに運賃差(成田→新千歳便に比べ)が出るのでしょう。

「外国人観光客?」、「就職活動(上京)?」、「大学受験?」ら辺の影響なのか。

この価格帯レベルだったら全日空やAIR DO使っても料金変わらないですね。羽田空港でアクセスも良いし。

というわけでどの航空会社使うかまだまだ模索中。

バニラエアで回数券販売。激安運賃で4往復できるらしい